2021/09/16

思いやりについて考えてみる

 

既読無視して何が悪い! - LINE スタンプ | LINE STORE

 

 

 

ラインの既読スルー問題

 

 

 

子供、特に中高生と大人は、ちょいと

捉え方が違うらしい

 

 

 

大人は、大抵、相手が都合の良い時に

返してくれればいいと考えるものだが、

若者は常に繋がっていることが重要

なので、返事がなければ拒絶されてる

と捉えてしまうのだと

 

 

 

ひどいときにはいじめや事件にも発展

してしまうようなケースがある

 

 

 

だから、すぐに返信しなければなら

ないというような、心理的な不安を

抱えるようなこともあるらしい

 

 

 

ま、一般的なコミュニケーションに

おいて、そこまでのことを前提にして

しまうとややこしくなるので、ここ

ではシンプルに考えたい

 

 

 

大人でもいつまでも返事がなければ、

単純に気になる

 

 

 

リアルなコミュニケーションと同様に

考えれば、話しかけても反応が無け

れば、あら?ってことに普通はなる

だろう

 

 

 

「既読」というサインが出るので

読んでくれていることはわかる、

だから、大した問題ではない、という

人もいる

 

 

 

大人だな~と思う

 

 

 

人それぞれに受け止め方は違うだろう

が、私は子供なので、やはり単純に

何かしら反応してほしいなと思う

 

 

 

とか言いながら、リアルなコミュニ

ケーションでは、私も奥さんによく

言われるから気を付けてるんだけどね

 

 

 

「ちょっと!聞いてるの!?」

 

 

 

って

 

 

 

既読スルーの話も奥さんの話もどちら

も、こちらの都合と関係なく突然に

やってくる

 

 

 

仕事中だと、どちらも迷惑だったり

するケースもある

 

 

 

それでもラインの話に関しては、後

で応答することは可能だ

 

 

 

その時に忙しくても後で返信すること

はできる

 

 

 

奥さんの場合は、その時々の対応が

全てであり、常に修行であるが笑

 

 

 

 

 

 

チームや組織で仕事をするのならば

日頃のコミュニケーションの質を

上げることは大事なことだ

 

 

 

既読スルーは、たとえばの話として

あげた小さなことだが、いじめなど

の大きな問題に発展してしまうこと

もあるほど

 

 

 

ほんの少しでも相手の立場に立って

考えたら状況が変わるということは

よくある

 

 

 

いわゆる思いやりや気遣いがあれば、

起こらないような問題は回避したい

 

 

 

ほんの少しのことで、仕事の成果が

大きく変わってしまうのだから

 

 

 

他者を気遣う気持ちがなければ、

良好なコミュニケーションやチーム

ワークは築けないと思う

 

 

 

もちろん顧客目線やファンづくり

という観点においても同様である

 

 

 

結果的に、良好な成果は期待でき

ない

 

 

 

ま、しかしながら、こういう話は

もはや、耳タコだと思う

 

 

 

でも、頭ではわかっていても実際に

はそれができないから困るのである

 

 

 

 

 

 

 

重い槍 hashtag on Twitter

 

 

「思いやり」について改めて考えて

みる

 

 

 

自分にしてもらいたいように人に

対してせよ

 

 

 

もしくは、

 

 

 

自分にしてもらいたくないことは

人に対してするな

 

 

 

似たようなことをあなたも誰かに

一度は口にしたことがあるんじゃない?

 

 

 

~人にしてもらいたいと思うことは

何でも、あなたがたも人にしなさい~

 

byイエス・キリスト

 

 

 

~己の欲せざるところ、他に施すこと

なかれ~

 

by孔子

 

 

 

ユダヤ教でもイスラム教でもヒンドゥ

ー教でも同様の教えや言葉が存在する

 

 

 

思いやりを考えた時、古今東西、昔

も今も、時を超えて知られる普遍性

の高い行動基準や倫理命題だ

 

 

 

だから、もちろんこんなわかりやすい

ゴールデンルールに抗うことなんて

できやしないよねと思うところだが、

いやいやどっこい、ところがである

 

 

 

これに対する反論があるのだ

 

 

 

それこそが思いやりのひとりよがり

問題

 

 

 

いわゆる「おせっかい」というやつ

である

 

 

 

もしくは「忖度」というやつ

 

 

 

自分がされてうれしいことと他人が

されてうれしいことは違うということ

もあるという主張である

 

 

 

んー、たしかに、たしかに

 

 

 

私もかーちゃんに二言目にはあんた

のためだと言われて繰り出される

様々なおせっかいにどれほど困った

ものか

 

 

 

中学生になってもパンツのゴムに

マジックで名前を書かれたときには

家出しようと思ったもんねぇ

 

 

 

こういうことを目の当たりにすると

正直なところ「思いやり」の使い方

に迷いそうになるものである

 

 

 

何が正解かわからなくなる

 

 

 

そして、相手が良かれと思うことを

するという主体的な行動が阻まれる

ことになるのだ

 

 

 

で、代わりに最悪、相手が嫌だと

思うことはしないでおこうぐらいの

消極的な環境が生まれてしまうので

ある

 

 

 

残念なかぎりである

 

 

 

ならば、この状況を払しょくするには

どうしたら良いのだろうか

 

 

 

正解はないと思うが、こういう時には

シンプルに考えたい

 

 

 

他者の立場に立つことや、考えること

は大事

 

 

 

人は社会の中で一人では存在できない

から

 

 

 

しかし、他人のことは所詮わからない

 

 

 

だから、どうしても乗り越えられない

壁はあるものだ

 

 

 

ならば、聴けばいいと思う

 

 

 

本人に直接聴けばいい

 

 

 

聴ける環境にあるのなら

 

 

 

相手が何を望んでいるのか、どうして

ほしいのか

 

 

 

どんなことに困っているのか、何に壁

を感じているのか

 

 

 

見ず知らずの人ならば想像するしかない

 

 

 

しかし、チームの仲間なら?

 

 

 

家族なら?

 

 

 

友人なら?

 

 

 

聴けるよね

 

 

 

知ることができるよね

 

 

 

わかろうとする努力はできるよね

 

 

 

 

 

 

そんなことぐらいわかるだろう、常識

だろうという「あたりまえ」には気を

つけなくてはならない

 

 

 

知る努力を放棄してしまうことになる

から

 

 

 

無関心さが蔓延してしまうから

 

 

 

すべてが「めんどくさい」に変わって

しまうから

 

 

 

チームで仕事をするときにはマイルール

やローカルルールはなるべくつくらない

ことだ

 

 

 

 

 

 

「ひとりよがり」や「あたりまえ」を

越えよう

 

 

 

無関心さを捨て、まずは相手のことを

知ることから始めよう

 

 

 

 

Category: 仕事のこと  
2021/01/20

ちゃんと伝える

 

 

 

 

 

 

 

昨年度は「ちゃんと伝える」ということを自分の行動指針としたわけですが、今年も引き続き私の課題とし、実践していこうと思っています。

 

 

「ちゃんと伝える」というのは、耳の痛いことも含め、相手の成長と自分の成長、ひいては組織の成長のためを願い、伝えるべきことはきちんと伝えるということです。

 

 

つまり、逆を言えば、それまで、言いたいことをちゃんと言ってこなかったということになります。

 

 

反省です。

 

 

そこで、特に今年一年をかけて行いたいことは、「理念(MVV)」を改めて見つめなおし、その実現化のために経営者として為すべきことを実践することです。

 

 

 

 

 

 

会社にとって事業を行う理由や目的、また組織の存在意義がどこにあるのかと問われれば、そのルーツは理念にあります。

 

 

つまり、会社のあり方や進む道です。

 

 

私たちはどうあるのか?

 

 

そして、そのビジョンの実現のためにどんなやり方で何をなすべきなのか?

 

 

それらを単に説明するだけではなく、共に考え、行動のサポートをして行きます。

 

 

そのために私のすべき「伝える」を実践します。

 

 

 

■ミッション

仕事を通じて成長する

 

■ビジョン

ゴキゲンな会社になる

 

■バリュー

箱から出る

 

 

 

成長とは何か?

 

 

ゴキゲンな会社とは、一体どんな会社なのか?

 

 

箱から出るとはどういうことなのか?

 

 

改めてそこに向き合います。

 

 

そして実現できるようにいろんな側面、確度で「ちゃんと伝える」を実践して参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category: 仕事のこと   会社のこと  
2020/09/17

見て見ぬふりや忖度のない関係、相互理解と助け合いのある風土をつくりたい

 

 

 

 

 

 

 

こそこそと何事もなかったかのように、こっそりとブログ再始動。

 

 

 

再始動なので、改めてまずは原点でもあるここから始めたいと思います。

 

 

 

 

~箱から出て仕事をすると、社員が成長してゴキゲンな会社になる~

 

 

 

 

わが社の理念の骨格である3つの柱をワンセンテンスにまとめるとこの様になります。

 

 

 

つまり、結局、私たちがやるべき一番大事なことは、「箱から出て仕事する」ということなのだと心の底から思うわけです。

 

 

 

ならば、逆に

 

 

 

Q. 箱に入らないために私たちがするべきことは何でしょう?

 

 

 

ゴキゲンと言っても抽象的ですし、人によってとらえ方が違うでしょう。

 

 

 

私が思うところ、上記の通り、箱から出ていることがゴキゲンな状態だと思っています。

 

 

 

あ、箱から出るってのも抽象的ですね。

 

 

 

ならば、具体的に言いますと、

 

 

 

お互いが、見て見ぬふりや聞いて聞かぬふりで他者に無関心ではなく、忖度や嘘もなく、それぞれの違いを越えて相手を尊重し、相互理解と助け合いがあること。

 

 

 

これがお互いに箱から出ている状態。

 

 

 

そして、そんな世界が会社の内部から広がっていけば、大きな成果を出せて、より良い状況をつくっていくことにつながるのだと確信しています。

 

 

 

 

 

たとえば、自分の畑でできた収穫物をご近所さんにおすそ分けしたり、足りないしょうゆや塩などを貸し借りし合うような、「困ったことがあればお互い様」と言い合える関係であること。

 

 

 

色んな人や色んな仕事はあるけれど、みんなが良く知った仲間。

 

 

 

だからそこには安心安全がある。

 

 

 

この数年「村」作りましょうと言っているのですが、そんな感覚です。

 

 

 

社内にそんな関係性ができたらいいだろうなといつも夢見ています。

 

 

 

 

 

 

見て見ぬふりをする。

 

 

 

気づかないふりをする。

 

 

 

聞こえるけど、聞かない。

 

 

 

だから、知らない。知らなくても構わない。

 

 

 

そしてそのうちに麻痺して完全に無関心になる。

 

 

 

でも、逆に知らないから疑心暗鬼になり被害者意識に陥ることもあるし、むだに気を遣って忖度することも増える。

 

 

 

さらに嘘も増える・・・。

 

 

 

なんという悪循環でしょうか。

 

 

 

こんな悪循環の中で信頼関係は生まれないでしょう。

 

 

 

一緒に働く人、仲間のことを私たちはどれだけ知っているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

箱に入らないために私たちがするべきこと。

 

 

 

それは、

 

 

 

A. まずは相手のことを知ること。一緒に働く人のことを知ること。

 

 

 

だと思うのです。

 

 

 

自分のことを語り、相手のことを聴き、そしてお互い知る。

 

 

 

それが進むような環境を、社長として改めてつくっていこうと決意する次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:
2020/01/31

ぱんぱかぱーん

 

さてさて

 

久しぶりに穴倉からひきこもりが出て参りました

 

社長はもうブログはやらないんじゃないかと思われたことでしょう

 

あ、別になんも気にしてなかった?

 

 

 

 

約2年ですね~

 

サボりました

 

いや、まー、喪に服すってやつですね

 

仕事もプライベートも色々と多方面において主体的な発信や露出は控えてました

 

SNSなんかは、お友達の誕生日など、世界発信で「おめでとう」と声かけることも憚られましたしね

 

とはいえ英語を習い始めたり、PTAのお役を受けたりと、少しだけ今までと違ったことをしてました

 

 

 

実は今日この日の投稿を狙ってました

 

いや~ 長かった~

 

この日を境にボチボチともろもろと動いて行けたらいいかなと思っています

 

 

2020年1月31日

 

47歳になりました

 

おめでとー

 

ありがとー

 

 

 

両親に感謝する日ですね

 

おし!みなぎってきた! <(`^´)>

 

しかし、サボるのに慣れちゃったからなぁ

 

ボチボチね

 

期待せずにお暇な時にでもたまに覗いてくださいませ

 

更新されてたら当たり的な

 

 

 

よろしくどじょう

 

ニョロニョロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはウナギだわ・・・

 

 

Category: テキトー放談  
2019/02/26

感謝

 

 

今日は2019年2月26日。

 

 

 

2018年2月26日から1年経ち、会長の喪が明けました。

 

 

久々ブログを更新します。

 

 

 

この1年間あっという間だった気もするし、長かったような気もするし。

 

 

対外的に多くを発信することは自粛して控えてきました。

 

 

私自身この1年で様々なことがありました。

 

 

昨年末には、母も父を追いかけてあの世へ旅立ち、1年の間に両親が共に亡くなってしまいました。

 

 

 

 

週末に父の1周忌法要と母の49日法要を一緒に済ませました。

 

 

母の両親、私にとって祖父母になりますが、二人はさらに亡くなるタイミングが近く、1カ月以内に共に亡くなり、あの時もバタついた覚えがあります。

 

 

まさか、自分の親でも同じようなことが起こるとは考えてもみませんでした。

 

 

人生何が起こるか本当にわからないものです。

 

 

未だポッカリと大きなパーツを失った感覚に慣れず、相続の件などもあり、もろもろと面倒な手続きにバタバタと追われております。

 

 

 

 

私自身を振り返っても、自分の子供たちを見ていてもわかりますが、親の存在が自身のあり方に大きく影響しています。

 

 

親から褒められることや叱られることで根本的な生き方の指標がそのまま親の生き方や価値観に影響されます。

 

 

だから、自分自身が親として子供たちに対してどう向き合い、接して育てていくか、常に考えさせられます。

 

 

もちろん私自身も親に大きく影響を受けているわけであり、その存在を失うというのは、これから嘗てない環境を経験するということなので、少なからず不安もあります。

 

 

いつも一緒にいて生活しているわけではなくても精神的な要素として親の影響は大きなものです。

 

 

たとえ私が年老いて死の直前になろうと、私の中に根付いている親の影響の大きさは変わらないでしょう。

 

 

いや、もしかしたら逆に増して行くのかもしれません。

 

 

 

 

人はどのタイミングで死ぬのか、どんなかたちで死ぬのか、健康な状態や当たり前だと思っている環境の中ではあまり考えることはないでしょう。

 

 

いつか死ぬことは理解していても、それに対応しようと心構えを持ってみても、やはり、いざ実際にその時が来れば、様々な考えや感情が湧き出てきます。

 

 

月並みですが、無くしてからわかることは山のようにあります。

 

 

それでは遅いこともやはりたくさんあります。

 

 

後で後悔しないためにも、今目の前にある存在や環境にいかに気づくことができるか。

 

 

当たり前だと思わない。

 

 

 

 

これまた月並みではありますが、みなさんのまわりにいる人たちに「感謝」して大事にしてあげてほしいなと思います。

 

 

「当たり前」という言葉は麻酔の様なものです。

 

 

鈍感になって様々なことがわからなくなる前に「感謝」することを癖にしたいものですね。

 

 

 

 

 

Category: テキトー放談  
2018/03/09

おつかれさん。ありがとね。

 

 

 

 

昨月、2月26日午後16時18分に取締役会長であった父が亡くなりました。

 

脳出血の後遺症が死因です。

 

8年3カ月の闘病生活でした。

 

言葉も失い、ほとんど意思の疎通ができない状態で長い間頑張ったと思います。

 

 

 

彼は酒とたばこが大好きで、止めるぐらいなら死んだ方がましだと言って

止めませんでした。

 

結果、糖尿病と高血圧から脳出血。

 

足腰が弱っていましたので、健康維持のためにプールに行き始めたのですが、

糖尿高血圧のくせにプール後のお酒をおいしく飲むために水も飲まずに運動

していたことが致命的だったと思われます。

 

自業自得。

 

もうアホですね。

 

結果、逆に長い間禁酒禁煙を強いられました。

 

でも父らしいなとも思います。

 

 

 

 

 

リーマンショック後に私が父親に高給取りは退いてくれと頼み、社長を

引き継いでから半年経たずに倒れました。

 

ですから最初は、私のせいかと自分を責めたこともありました。

 

自分勝手でやんちゃ。

 

でもお人好しでお茶目な人でした。

 

清水の次郎長に憧れる人情家でもありました。

 

母親はさぞかし大変だったでしょう。

 

喧嘩ばかりしていましたから。

 

私が仲裁することもしばしばありました。

 

しかし、私もなんだかんだ言っても親父を尊敬しておりましたので、結局

自由人で自分勝手なところまで似てしまいました。

 

私の妻も苦労していることかと思います。

 

 

 

 

 

両親はあんなに毎日のように喧嘩していたわけですが、母は完全看護の

病院にも関わらず毎日父のもとに通いました。

 

そんな人は病院内に一人もいませんでした。

 

私は二人の間に生まれて幸せです。

 

感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

昨年末に私は本を出版しました。

 

タイトルは「何もしないリーダーのみんなが疲れないマネジメント」。

 

あの本、実は父親へのオマージュでもあります。

 

私が経営者になってから経験し、いろいろと勉強して行きついた先が、

何もしないリーダー像、つまり従業員をコントロールしないことで

自立型の社員を生み出すマネジメントです。

 

私はそれなりに勉強したのですが、結果行きついた先が親父のやって

いたことでした。

 

こんなことを言ってはなんですが、親父は勉強してたどり着いたとは

思えませんので、彼は天然でそのスタイルを確立していたわけです。

 

天然でやっていましたので少し軌道がブレると修正することができません。

 

そんな時期もありました。

 

それから、あまりに何もしなさ過ぎた(笑)。

 

ですから私自身、親父に対して反発したこともありました。

 

 

 

思えば、私がホウキンに入社したのも、少しでも会社を発展させようと

思ってきたことも、親父に褒められたいと思ったからだと今になって感じます。

 

私は一度も会社を継げと言われたこともありませんでしたし、むしろ、

おまえの好きなように生きろと子供のころから言われていました。

 

そんな自由な環境の中で、彼がつくり出した最大の産物が私。

 

 

 

 

先日鏡の中に親父を見つけてしまいました。

 

びっくりしたと同時にがっくり(笑)。

 

年々そっくりになっているのが微妙です・・・。

 

でも私の中にいつもいるんだなと思うと寂しくなくて済みます。

 

 

 

 

親父、後は任せておけ。

 

安心して天国で見ていておくれ。

 

長い間お疲れさん。

 

しばしのお別れ。

 

また一緒に酒呑もう。

 

 

 

自立型社員全社化プロジェクト 機能訓練専門デイサービス きたえるーむ