Vision

ビジョン

「ゴキゲンな会社になる」

「ちは~!三河屋で~す」

ちょくちょく磯野家に顔を覗かせ、勝手口からやってくる三河屋のサブちゃん。
磯野家からは、家族ぐるみに近い待遇を受けて、町内のみんなからも信頼を集めている好青年。
彼は、磯野家のみんなの誕生日や記念日だって知っています。
だから、そんな日は、きっと天ぷらや揚げ物が多いだろうと、油や調味料を持って来てくれます。
また、ノリスケさんが遊びに来ることがわかれば、ビールを多めに持って来てくれます。
お酒はもちろん、何でも間に合わせてくれる心遣いの達人です。

サブちゃんは「究極の御用聞き」です。
しかし、言われた物だけを調達する召使いなんかじゃありません。
かゆいところにまで手が届く心遣いで、お困り事を解決してくれる名サポーターです。
お客様という主役を引き立てる名脇役なのです。
いわば、共に物語をつくる同志とも言える存在。

時には言いたいことも言わせていただきます。
物語は、共につくるものだからです。
アニメに出てくる弱気なサブちゃんではなく、一本芯の通ったサブちゃんの姿です。
しかし、それは我々に自信があるからです。
そして、お客様に対する愛情があるからです。
我々ホウキンチームメンバーは、サブちゃんのあり方を超え、「スーパーサブちゃん」を目指します。

我々のサービスは、お客様にとってのコストではなく、お客様の商品にシナジーをもたらすことのできる付加価値です。
そのためには、私たち自身の成長が不可欠であり、価格だけで判断されるようなビジネスではなく、常に新たな価値を創出し、提供できるように日々努力をします。

それが、我々がお役に立つために目指す「間に合う」姿です。

ゴキゲンな会社とは

1.明確な目的意識を持ち、チームワークが良好な会社
2.仕事に対するモチベーションが高く、責任感のある自立型社員で構成されている会社
3.社員が幸せを感じ、永続的に利益を生み出すための好循環が生まれている会社

私たちの強み:「間に合う」とは?

私たちの掲げる「間に合う」とは、「お役に立つ」という意味です。
決してスピード対応だけを追求するわけではありません。
「かゆいところに手が届く心配り」と「価値あるサービス」を提供できることが私たちの強みです。